トップページ | 2006年2月 »

2006年1月15日 (日)

西麻布で

「水の記憶」-Recollections of Water-~12人の工芸作家による洗面ボウル展Ⅱ~へ、行ってきました。

渋谷駅前からタクシーに乗り、「霞町の交差点のところを…」と云う友人に、「お客さん、古いですね」と、運転手さん。調子に乗って、「そうよ、西麻布~ッ!」と、私。友人の「霞町って、分かってるじゃない」--この混ぜっ返しに、大笑いとなりました。

ギャラリーはギリシャ大使館に隣接した、住宅街の中。白亜のモダーンな建物で、高~い天井は天蓋になっていて、お天気の良い日は空を見せるそうです。

その晩はオープニングパーティでもあり、とても賑わっておりましたが、天蓋は閉まっていても、冷えること、冷えること。コートを脱ぐ人はひとりもおりません。

作品のテーマは「水とリラックス」。

12人の作家が、思い思いの素材と発想で展開しています。

陶磁器あり、金属素材あり、檜、漆塗り、金・銀箔…

壁からは水が流れ、白い壁にゆらゆらと映るシャドー。すべてが異空間で、ひと言で言うならオリエンタルなのかもしれませんが、西洋と東洋の十字路のようなエキゾチシズムが漂っています。

来場者もクリエイターが多かったのでしょうか。外国人の姿もずいぶん、見受けられました。

ひととおり見てまわった後は、あちこちにグループが出来て、談笑です。

お酒も、お料理も、器も上質で、作品を含むすべてが、ギャラリーのおもてなし。

パラソル・ストーブとか云う、頭の遙か上の方に火が見えます。そのストーブに寄り添うように暖をとりながら、過ごす時間も素敵でした。

友人が紹介してくれた作家の、「ぜひ、うちの方に遊びに来てください」の、言葉もやさしく胸に響きました。町衆として竹生の町おこしをされているそうです。

この作品展は2月3日(金)まで。

 http://www.le-bain.com/gallery/

作家と別れた後、ひっそりとした街を気の向くまま歩いてみつけた小料理屋さんは、8人で満席。カウンターだけのこぢんまりとしたお店の先客は、女優の倍賞美津子さん。

すっかり冷えきったカラダには熱燗がしみ、忌憚なく交わせる友との語らいに、今日も一日良い日であったと思ったことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

顔も凝るんですって?!

顔筋マッサーッジって、知ってますか?

最初は、ひょっとこ顔をしたりして…(おかめとひょっとこのお面、アレです)、お顔を若返らせるのかと思ってたんです。

前にテレビの番組でそういうの、やってましたから。

「ふつう、そんな顔、しないでしょ」みたいな、

すっごい顔をするんですよ。

でも、私が習ったのは保湿クリームを塗って、

指圧などを加える方法。

まっ、結果として? こっちも人様には

お見せできない顔になるのでありますが、

顔の筋肉も凝ってるから、それをほぐすんですって。

やってるうちにお顔のみならず、カラダがぽかぽか暖まってきます。

クリームをふき取ったあとは、心なしか透明感とハリも出てきたようで???

友人には「顔が小さくなった」と云われるし、

冷え性には一石二鳥?

…ってわけで、防寒対策にも効く? 顔筋マッサージのお話しでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

年賀状の配達&箱根駅伝

お正月三が日、毎日、年賀状が届きました。

これって「郵政民営化」「顧客サービス」キャンペーン?

それとも我が地域だけのスペシャルサービスかしら?

確か、去年は、元旦と2日に届いて、3日はお休みだった…

一昨年までは元旦の次は、4日までなかったと

記憶しているのだけど。

毎日、届けてくれるのは嬉しいけれど、

おかげで、追加の年賀状書き&ポストまでお散歩が

日課になってしまった。(運動不足解消にはもってこいカモね)

さて、凍結している路面が溶けるのを待って、墓参へ向かう。

いつもは混まない処が何故か渋滞…んん~っ???

ふと見れば、ぞろぞろと大勢の人・人・人。

朝日新聞の赤い小旗を手にする人も…なぁるほど! 

箱根駅伝(復路)が通り過ぎたと見える。

毎年、墓参は元旦にすませて、2日・3日はTVに釘付けで

箱根駅伝だったけれど、何故か今年は見てなかったなぁ。

道路脇で声援を送る人たちは…家路に向かっている人たち…、

マラソンコースの付近に住んでいる人ばかりではない。

箱根駅伝は見に行くもの、だったのかと妙なところで感心。

しかも、中高年が多かったことに、新鮮な風景をみたって、感じでした。

初詣に出かけるのは、10代20代が多いのにネッ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

初挑戦のブログです

あけましておめでとうございます。

2006年も明けちゃって2日め。

我が住む街は雨もよい。

こんな日はひとり静かにPCに向かい…

前々から興味しんしんのBLGをはじめんとす、であります。

(…で、出来てるのかどうか半信半疑ながら入力中)

大晦日は恒例(5年連続)の「ジルベスターコンサート」で年越し。

3時間ほどの仮眠で寝不足の目をこすりつつ、

ご来光にトライするも曇天。 寒いっす!

ふと携帯を見ると、画像つき年賀メールが続々と…

一方、秋田に帰省した友からはずんだ声で留守電が。

「雪がすっごいですけど、素晴らしくいいお天気。初詣にいってきました」

初雪が見られるのはいつかしら?

なぁんて、呑気なことを云ったりしていては、

豪雪地帯に住まっておいでの方々に申し訳ないですね。

昨年は天災人災、「あさましかりつる」ニューズが多すぎました。

「アナス・ホリビリス」ーーラテン語で「あさましかりつる年」という意味だそうです。

イギリスのエリザベス女王の、クリスマス演説ーー

世界は人間が生きるのにいつも安楽で安全な場所ではないが、私たちにはこの場所しかありません。皆さんすべてが希望と自信を新たにして新年を迎えるよう願っています

そうなんですよね!

この場所から逃げ出すことは出来ないのだから、

「希望」と「自信」だけは失わないように、…(一体どんな? と、自問自答するところが情けないけれど)

ともあれ、今年も元気にがんばりまする~ぅ。

隅から隅までず、ず、ずぃ~っと、よろしく御願い奉りまするぅ~ッ。 m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »